22世紀に生きる君たちへ

「よばあたれ」といじめられた坂本竜馬、 「うつけ者」とバカにされた織田信長、 「姫若子」とよばれるほど内気だった長宗我部元親、 超KY大村益次郎、超どん臭い吉田松陰。 超発達児・偏発達児・臆病児が、英雄児だ。 英雄児育成の盛池塾。塾長・盛池雄峰のブログです。

カテゴリ: 落人日記~家族で実家暮らし

この1週間、私はドラクエに没入していた。妻子がいては集中できぬ。決然と家を出て、実家の座敷に陣取った。
布団と食料を運び込み、障子を締め切り、日がな一日、無言でゲームに興じる五十路息子。悋気にふれまいと息を殺す老父母の胸に何が去来しただろうか。
8月下旬から、活力の減退を自覚するようになった。
ナイスバディの嫁を前にしても劣情を催すこと乏しくなり、仕事に対する意欲もますます低下した。
暑気のせいもあるだろうが、それだけでないようだ。私は戦慄した。
こういうときはドラクエだ。急ぎプレステとソフトを買い求めて、今回の仕儀とあいなった。
そして昨夜、坊やが見守るなか、ラスボスを倒し、今日ようやく娑婆に出てきたのだ。
最も自殺が多いのは「49歳男」だという。まさに私の年齢だ。
死にたいなどとは微塵も思わないが、何事も成していない我が人生に焦燥感を覚える。
49歳で本能寺に散った信長は、すでに天下を手中におさめていた。上杉謙信にしても、義の男として、その名を天下に轟かせていた。
なのに、俺はなんだ。ただの暇人じゃねえか。
こんな自責自虐の念は、どうやら男性ホルモンの仕業らしい。テストステロンの分泌が減ると、いわゆる「男の更年期」を迎えるのだそうだ。
本書を読んで「俺はいよいよ更年期なのか」と衝撃を受けた。
注射一発で元気ハツラツになるとのことだが、まずは自力回春に期待ということで、ひさびさにジョギング。注射は絶対いやなのよw
41cgbU4SrwL._SX330_BO1,204,203,200_

九段に住んでいたとき、千代田区の人口は4万人程度だった。あれから15年、今や5割増の6万人超だという。
東京都、いや都心3区への人口集中がこれからさらに加速するのだそうだ。
とは言っても、その主たる層は高齢者。25年後の2045年には、75歳以上が3割近くを占めるという。
「そんな年寄りばっかりじゃ困るねえ」瞬時そう思ったが、その「年寄り」とは私自身に他ならないことに気づいて愕然とした。2045年、我々の年代は後期高齢者に仲間入りするのだ。
サラリーマン社会には、役職定年なるものがあるという。55歳で昇進が止まり、その後はヒラ社員として定年まで勤務するというのが一般的のようだ。
先日参加した高校の同窓会でも、そんな話がちらほら出ていて驚いた。「えー、定年だってえ⁉︎
私の周囲には、サラリーマンが極端に少ない。定年なんて言葉が出ることは、これまで一度もなかった。
いまだに「仕事に恋に♪」と学生気分が抜けない私を尻目に、同級生諸君は老境に向けて、着実に意識を傾けていたのだ。
これまで「人口が減ろうと、年金が破綻しようと関係ねえよ」とうそぶいていたが、意外とこれは、我が人生戦略における死角だったかもしれない。
「定年」をひとつのマイルストーンとしてとらえることは、私のような自儘人にとって大事なことのように思えてきた👺
31PTONmCkjL._SX302_BO1,204,203,200_


そうか、俺は「子供部屋おじさん」だったのか。
いまこの瞬間も、実家の自室のソファに寝転がっている。
妹の部屋だった隣室には、息子が寝ている。妻と娘は3駅隔てた八王子の家で寝息を立てていることだろう。
3LDKのマンションはプリキュアに占拠され、足の踏み場もない。嫁とも、たまに会うくらいのほうが盛り上がる。
そんなわけで「子供部屋」で起居することが多くなった(坊やも、爺婆や親戚が多い、こっちの家がお気に入りのようである)。
生涯未婚の主要因として、パラサイトを誘導する親の存在があると本書は指摘する。
居心地のいい、親とのぬるま湯生活。惰性で続けていたら、いきなり親の介護。そして死別によって始まる、人生初の独身生活。そんな急転直下に直面するのがパラサイト アラフィフだ。
生涯未婚と引きこもりの問題は、こうした親子関係に起因するという論点はうなずける。
その点、私は異なる。親と折り合いが悪く、早々に家を出た。その後、子育てに好都合だからと、ぬけぬけと戻ってきて、実家を占領してしまったからだ。
私の家は嫁と娘に占拠され、私は親の家を占拠する。だが、そんな所有権ガン無視の図々しさこそ、これからの時代たいせつなのではないか。
これまで言われた「自立」なんてものは、しょせん「住宅ローンを組んで家を買う」程度のものだ。
「家を買って一人前」なんてのは、戦後社会の呪縛でしかない。このテンプレ思想からの脱却こそ、屈辱にまみれた「子供部屋おじさん」の荒ぶる魂を鎮めるとともに、つぎの世代に向けての洗練された人生モデルを提示すると私は確信する。
時代の犠牲者か、それとも先駆けか、「子供部屋おじさん」の真価が問われるのはこれからだ👺


そうか、俺は「一夫多妻」だったのか。
こんにち先進国で増加しているのが、結婚と離婚を繰り返す「事実上の一夫多妻」。我が国における生涯未婚率は男女で10%近く差があるが、その背景には、こうした「一夫多妻野郎」の暗躍があったのだ。
私の場合、妻を取っ替え引っ替えしたという自覚は皆無である。それどころか、自分ほど、幸せな結婚生活に縁遠い男もいないとすら悲観していたくらいだ。
先日参加した高校の同窓会で、「3回目の結婚生活、がんばってまーす♪」とカミングアウトした。すると、バツイチの友人が詰め寄ってきて「盛池は希望の星。勇気をもらったよ」と変な感謝をされて、頭をかいた。
一方、過去3回の結婚式に出席した友人からは「4回目は絶対行かない。ハリウッドにでも行ってろ」と突き放された。独身街道まっしぐらの彼からすれば、私は彼の「漁場」を荒らす「ならず者」でしかなかったのだ👺



池の深いところの周りにマタケを5本。 
七夕に、笹が間に合いました。これでいったん、このたびの造園は完成。


IMG_5044

IMG_5073


先日の病気蔓延で、魚がだいぶ死滅してしまったので、子供たちを集めて、第二次放流。
メダカ100匹、フナ10匹、ヨシノボリ5匹、ヌマエビ50匹、ヒメタニシ50個。
ヒメタニシはすぐれもので、石にゆらゆらと繁茂していた苔をみるみるうちに食べて除去。ヒメタニシ、最高です。

IMG_4948


貯水タンクを設置しました。
最初は500リットルで十分かなと思いましたが、欲ばって1トンにしました。
タンクの下には、ブロックを20個ほど設置して高さを確保。かなりの重量になるので、果たして耐えられるかどうか不安。
タンクには、屋根に降った雨水を樋とパイプで取り込みます。
池には竹樋をつたってと思いましたが、結局、ホースでつないで注水することにしました。

IMG_4892




ヒレが白くびろびろになってきた金魚が目立つようになってきた。
ヤリタナゴが死んで、水面にちょくちょく浮かぶようになってきた。
ニシキゴイも黄色いのが姿を見せなくなってきたのも気になる。

このところ、気温が急上昇し、さらには雨がちっとも降らない。
そのせいもあるのだろう、どうやら尾ぐされ病が蔓延しているらしい。

調べてみると、水をすべて交換しなければならないという。
しっかり太陽光で消毒しなければ再発するというから愕然とした。
せっかく完成し、これからいい季節を迎えるのに……

この病気向けの薬があるというので、ホームセンターに行ってみた。
けっこう詳しい店員さんがいて、紹介された薬を池に撒いてみることにした。



水草には悪影響がありそうだという、ビオトープ専門店の方のアドバイスもあって、迷いましたが、一か八かの勝負に出ることに。「フレッシュリーフ」を1瓶まるごと池に撒いてみました。

すると、効果てきめん。その日から、死んで水面に浮かぶ魚はなくなりました。デンジソウがすこし枯れましたが、その後、しだいに復調。ほっと胸をなでおろしました。


IMG_4633


 


5月に入ってから、気温が上がりました。さらに今年は少雨。
第二盛池は日当たりがいいこともあり、一気に水が汚れてきました。
そこで、ウォータークリーナーを導入。




専門店で購入するより、ネットのほうが万年単位で安い。

最初はふつうに汲み上げてじょぼじょぼやっていましたが、竹樋に水を流すことで、水流をつくりだせることを発見。メダカがよろこんで遡行するようになりました。

IMG_4889


夜には、灯りをつけることができて、なかなか風情。

IMG_4894





うちには小さい子供がいるので、落ちたりしないように柵を設置しました。
池を竹で組んだ矢来をかぶせ、金網で立ち入れないようにぐるりと池を囲みました。

IMG_3923

IMG_3909

 


小千谷産のニシキゴイが1匹1000円で売っていたので、2匹購入。
田んぼ時代の金魚たちは、第二盛池をつくっている間、屋内の水槽に入れていましたが、これも放流。

IMG_3883


IMG_3889


 

これは枝垂れ桜。開花時期に間に合ってうれしい。

IMG_3893

こちらはジューンベリー。

IMG_3895

 ユキヤナギも伐ってしまったので、あらたに植えました。


IMG_3896

芝生にも青みがさしてきましたね。最高です。


IMG_3897

植樹もおおかた終えて、ひとまず完成。
これから安全対策とさらなる作り込みに入ります。
池の畔での一献が最高です。

IMG_3899



IMG_3902


IMG_3905



以前は、畑の真ん中に立ち上げていた支柱を門扉の脇に移しました。
この支柱の据え付けがなかなかたいへん。
さんざん苦労して立ち上げましたが、若干右に偏ってしまいました。
でも、じっさいに鯉のぼりを掲げてみると、まったく問題なし。鯉のぼり、最高です。
IMG_3861


IMG_3866


池開きの会を催しました。
友人の神主・高橋御山人師に祝詞をあげてもらい、それから子供たちによる放生会。
つづいて、近隣の人や友達をまじえての直会を開催しました。

IMG_3796


IMG_3781


IMG_3788



防水シートを敷き詰めました。
これから石を配置していきます。
石は桂川の河川敷から拾ってきます。

IMG_3665


クルマで10往復くらいしたかな。かなりの量の石を運び込みました。

IMG_3689


この作業をやっていた時期はけっこう寒くて、指先がかじかみました。

IMG_3671





子供たちに手伝ってもらって、芝生を敷き詰めました。

IMG_3508


IMG_3511


嵩上げする際、もともと植えてあった樹木を移植しようとしましたが、これが並大抵のことのことではありませんでした。
一部は移植しましたが、根が張ったものは泣く泣く断念。
そのぶん、同じ樹木を植えようと、植木屋さんに頼みました。
枝垂れ桜、枝垂れ梅、金木犀、ジューンベリー(小鳥を呼び寄せるため)、榊、クチナシ等など。
初夏には、森らしくなるかな。楽しみ。
IMG_3486


IMG_3487


IMG_3489


IMG_3490




1日も欠かすことなく、日記は今日で200日目を迎えました。
自分を知る得難い機会になりました。何事もやってみるものですね。
以前もふれたとおり、明日からしばらく(100日?)日記は休止して、拙著『英雄問答』を紹介していくことにします。よろしければお読みになってください。
『英雄問答』はこれから商業出版する予定です。出版のあかつきには何卒ご贔屓のほど。m(_ _)m
尚、将来的には本書を土台にした「学校」を設立しようと目論んでいます。私は執念深いので、いずれ陽の目をみることでしょう。
さて、100日目を境に、私はフェイスブックを引退しました。これは英断でした。
リアルおしゃべり(=飲み会)とバーチャルおしゃべり(=フェイスブック)をやめることで、文章で語ろうとする意欲が高まったからです。
しゃべり散らしていると、そこで発散されてしまって、文章に帰結させる力が弱まってしまうのでしょうね。
現在の形式にも慣れてきて、すこし楽しくなってきてしまいました。
この状態に淫してしまっては未来がありません。このあたりで、つぎの100日に向けて、さらにストイックな挑戦をしてみようと思いました。
それは「沈黙の行」です。
1 コメントには無反応(メールには当然リアクションします)。
2 スマホからFB用アプリを削除(FBアプリはすでに削除済み)して、PCから1日1回程度(週末は休むかも)のアクセスにとどめる。
3 日常的にも無駄口や余事を排除して、コンテンツ制作に集中する。
そんなことをやってみたら、私にいかなる化学反応が起こるのか。それを実験してみたいと思います(いずれ報告します)。
さて、どんな方が反応してくださるのかは、私にとってとても興味深く、これからも日々楽しみにしています。
雰囲気は変わりますが、これからもよろしくお願いいたします。
盛池雄峰 拝

こんなに気難しく、こうるさい男の嫁とは、いったいどれだけ「できた人」であろうかと思われるかもしれない。
大家族の嫁として、義父母とも義妹家族とも折り合いがよく、子供たちにもやさしい。
幼稚園のママ友たちとも仲良く、近所づきあいもいい。私が孤立しているのとはえらい違いだ。
貞操観念が堅固で、身体も丈夫。2人の子供を産みながら、あのナイスバディはたいしたものだ。
日がなのんびりテレビを見て過ごし、夜は8時には子供たちと寝てしまう。
彼女のすごいところはこれだけではない。
まず第一に、夫に無関心である。これは武士の内儀の嗜みとされていた美徳だ。
「愛情の反対は無関心」というが、甲斐甲斐しさの見返りに束縛されるくらいなら無関心でいてくれるほうがどれだけありがたいことか。
そして何よりもよかったのが、私と話が「まったく合わない」ことだ。
私がいくら日本およびその歴史を憂慮しようと、彼女には馬耳東風。「演説」を始めると、数分でウトウトし始める。
当初はそれにいらだったが、いまは違う。夫婦の会話は、週に原稿用紙1〜2枚程度でいい。それが夫婦円満の秘訣。夫婦の会話は減らすにかぎる。これが阿吽の呼吸につながるのである。
もっとも、私のような異常活力者にまともに向き合っていたら精神を病んでしまう。
私にしても、相手にされないからこそ外の世界で勝負しようという気魄がみなぎる。
西郷隆盛も大村益次郎も家庭には居場所がなかった。家庭の居心地がいいことは、男にとってけっしてよいことではないのだ。
「あげまん」とは甲斐甲斐しい女というより、なんであれ男を奮起させてくれる女をいうのだろう。
これぞ天の配剤、夫婦とは妙なるものなり。

○耳学問の盛池塾
サイトをリニューアルしました。過去のラジオ音源もお聴きいただけます。
http://yuhoo.jp

↑このページのトップヘ