22世紀に生きる君たちへ

「よばあたれ」といじめられた坂本竜馬、 「うつけ者」とバカにされた織田信長、 「姫若子」とよばれるほど内気だった長宗我部元親、 超KY大村益次郎、超どん臭い吉田松陰。 超発達児・偏発達児・臆病児が、英雄児だ。 英雄児育成の盛池塾。塾長・盛池雄峰のブログです。

2017年05月


貯水タンクを設置しました。
最初は500リットルで十分かなと思いましたが、欲ばって1トンにしました。
タンクの下には、ブロックを20個ほど設置して高さを確保。かなりの重量になるので、果たして耐えられるかどうか不安。
タンクには、屋根に降った雨水を樋とパイプで取り込みます。
池には竹樋をつたってと思いましたが、結局、ホースでつないで注水することにしました。

IMG_4892




ヒレが白くびろびろになってきた金魚が目立つようになってきた。
ヤリタナゴが死んで、水面にちょくちょく浮かぶようになってきた。
ニシキゴイも黄色いのが姿を見せなくなってきたのも気になる。

このところ、気温が急上昇し、さらには雨がちっとも降らない。
そのせいもあるのだろう、どうやら尾ぐされ病が蔓延しているらしい。

調べてみると、水をすべて交換しなければならないという。
しっかり太陽光で消毒しなければ再発するというから愕然とした。
せっかく完成し、これからいい季節を迎えるのに……

この病気向けの薬があるというので、ホームセンターに行ってみた。
けっこう詳しい店員さんがいて、紹介された薬を池に撒いてみることにした。



水草には悪影響がありそうだという、ビオトープ専門店の方のアドバイスもあって、迷いましたが、一か八かの勝負に出ることに。「フレッシュリーフ」を1瓶まるごと池に撒いてみました。

すると、効果てきめん。その日から、死んで水面に浮かぶ魚はなくなりました。デンジソウがすこし枯れましたが、その後、しだいに復調。ほっと胸をなでおろしました。


IMG_4633


 


5月に入ってから、気温が上がりました。さらに今年は少雨。
第二盛池は日当たりがいいこともあり、一気に水が汚れてきました。
そこで、ウォータークリーナーを導入。




専門店で購入するより、ネットのほうが万年単位で安い。

最初はふつうに汲み上げてじょぼじょぼやっていましたが、竹樋に水を流すことで、水流をつくりだせることを発見。メダカがよろこんで遡行するようになりました。

IMG_4889


夜には、灯りをつけることができて、なかなか風情。

IMG_4894




↑このページのトップヘ