京都の家を昼に出発。鯖街道を北上。

途中、「第一旭」でラーメンの昼飯。

木ノ本から北国街道に入る。

途中、道を間違え、柳ヶ瀬トンネルに迷い込んでしまった。
これが噂の「お化けトンネルか」。
鉄道のトンネルを廃止になったので、そのまま道路にしたのだ。
狭くて圧迫感がすごい。こんなトンネルは初めてだ。

■板取宿

木ノ芽峠は、かつてヤマト王朝と越の国の境界であった。
ここが文明圏を分け隔てるのは、来てみると納得する。なにしろすごい大山塊だ。
板取宿は、この木ノ芽峠にある北国街道の宿場である。
今は無人で、往事の家並みが保存されている。

7cc90b89.jpg



296505e3.jpg



afe4ae48.jpg



d107e349.jpg



■今庄駅

そばで有名になったのに、今庄は「南越前町」なんていう主体性のない地名になってしまった。
合併した町同士が、地名の綱引きをして、こんな地名に落ち着いたのだろうが、まったく残念だ。
南条にしても、今庄にしてもいい地名だ。
それが「南越前町」とは・・・

2feb7328.jpg



03c7b340.jpg



5cb10d4a.jpg


■王子保駅

「おうしお」と読むことはけっこう最近まで知らなかった。
田舎町のいい駅だ。

ここも武生市から、合併して「越前市」となってしまった。
センスないなあ。

145d7106.jpg



04b866d1.jpg



■越前大野駅

越美北線は20年くらいまでに乗ったが、越前大野は素通りした。
一度飲んでみたい街としてノミネートしてきたが、これまで機会がなかった。
8月という暑い時期でなければ、一献して、クルマに泊まっていたところであるが、この時期は暑くて無理だ。また来ることにしよう。

5ef244f9.jpg



c0a7a9fb.jpg



■飛騨古川

古川は好きな街だ。

数年前のある春の宵、たまたま通りかかったところ、古川祭りをやっていた。
この時の印象が濃厚で、また来たいと思っていた。

高山から安房峠経由で松本に出る道中、ちょうど頃合いのいい時間だったので、古川に足を伸ばした。

市役所にクルマをおき、駅前の居酒屋に入った。
なかなか繁盛しているいい店だった。
こういう雑然としている店の片隅で一献するのがなんともよろしいですね。

7b1deecb.jpg



6c037b6a.jpg



5009b795.jpg



67397892.jpg