22世紀に生きる君たちへ

「よばあたれ」といじめられた坂本竜馬、 「うつけ者」とバカにされた織田信長、 「姫若子」とよばれるほど内気だった長宗我部元親、 超KY大村益次郎、超どん臭い吉田松陰。 超発達児・偏発達児・臆病児が、英雄児だ。 英雄児育成の盛池塾。塾長・盛池雄峰のブログです。

2009年06月

■6(土)

埋蔵金発掘

96f9c7ff.jpg

隊長の八重野充弘さん。


042e85c1.jpg



020a56e4.jpg



3bf678a4.jpg

何やら、いわくありげな石造物。



■7(日)


新潟

■8(月)

新潟

■9(火)

こしひかりビール.JPG


船内.JPG

P1000033.JPG
座敷の個室。「下宿」の雰囲気。
すぐにふとんを敷いて、朝からお酒を飲んだり、昼寝したり、風呂入ったり、海原を眺めたり。
超快適。


P1000030.JPG
日本海の日没。

フェリー10.JPG

フェリー4.JPG

フェリー3.JPG
月がきれい。


■10(水)

小樽港 
小樽港3.JPG
小樽港到着は、早朝4時過ぎ。
到着後、駐車場でしばらく仮眠。その後、ターミナルの温泉で一風呂。
そのうち乗ってきた船が出航していきました。


札幌 歴史資料館

岩見沢


■11(木)

●追分駅

追分駅2.JPG

追分駅1.JPG

夕張

帯広

帯広屋台村1.JPG
屋台村などをうろうろ。


■12(金)

帯広

本別

本別駅1.JPG
本別駅跡。


本別軍馬1.JPG

本別軍馬2.JPG
本別は、軍馬の産地でした。


本別酒一筋1.JPG
この店はいい。また、来よう。
町長さんたちと一献。


■13(土)

本別


●オンネトー

オンネトー2.JPG


オンネトー温泉1.JPG
「景福」の露天風呂。
内湯の床には石ころがゴロゴロしていて、こっちもかなりいい。


●北見相生駅

北見相生駅6.JPG


北見相生駅5.JPG


北見相生駅4.JPG


北見相生駅3.JPG


北見相生駅2.JPG


北見相生駅8.JPG



美幌

佐呂間

湧別

興部

↓この道中、すさまじい雨
豊富温泉

稚内   
居酒屋「網元」へ。これで3~4回目。
死んでしまったが、ここのオヤジさんから、
「ホッケは全部食える。頭から食え。次は骨」
ということを教わった。以来、ホッケが好きになりました。

網元2.JPG

網元3.JPG
港近くで、車内泊 風雨すごし

■14(日)

宗谷本線の駅巡り

●抜海駅

抜海駅3.JPG


抜海駅5.JPG


抜海駅4.JPG


●兜沼駅


兜沼駅1.JPG


兜沼駅2.JPG


兜沼駅3.JPG


●豊富駅

前夜、豊富温泉にも行きました。
ちょっとガソリン(?)のような臭いのするユニークなお湯。

豊富駅.JPG


●幌延駅

以前、「宗谷」廃止直前にこの駅から乗ったことがあります。

乗る前に、居酒屋で一献したのが思い出深い。

幌延駅2.JPG


幌延駅1.JPG


●安牛駅

安牛駅1.JPG


●雄信内駅

いい駅。

雄信内駅6.JPG


雄信内駅5.JPG


雄信内駅2.JPG


雄信内駅1.JPG


雄信内駅4.JPG


雄信内駅3.JPG


●天塩中川駅

この駅も、昭和のムードただよういい駅です。

天塩中川駅5.JPG


天塩中川駅3.JPG


天塩中川駅1.JPG


天塩中川駅4.JPG


●佐久駅

佐久駅は、この倉庫が印象的。農業倉庫ですね。

佐久駅2.JPG

佐久駅1.JPG


●音威子府駅

音威子府と言えば、やっぱりこの駅そば。

音威子府駅駅そば.JPG

展示されている古写真。

音威子府駅1.JPG


音威子府駅2.JPG


音威子府駅3.JPG


音威子府駅4.JPG

音威子府駅5.JPG

駅前通をちょっと行って左にも、そば屋があります。
一度入ったけど、うまかった。昔、ばあさんが作ってくれたような感じ。


●咲来駅

咲来駅1.JPG


咲来.JPG
駅じゃありませんが、印象的だったので撮影。


●豊清水駅

豊清水駅2.JPG


豊清水駅3.JPG


豊清水駅1.JPG


●恩根内駅

恩根内駅2.JPG


●紋穂内駅

紋穂内駅1.JPG


紋穂内駅2.JPG


●美深駅

美深駅1.JPG


美深駅2.JPG


美深駅3.JPG


●南美深駅

南美深駅1.JPG


●智恵文駅

智恵文駅1.JPG


●北星駅

北星駅3.JPG

北星駅2.JPG

北星駅1.JPG
もはや、納屋です。


●日進駅

日進駅1.JPG


●名寄駅

名寄駅2.JPG

名寄駅1.JPG


小樽港

フェリー帰り4.JPG


フェリー帰り6.JPG


フェリー帰り5.JPG


フェリー帰り1.JPG

船旅、最高。

新日本海フェリー http://www.snf.jp/


■15(月)

新潟港

■寄せられた感想

・体験に基づいた講義がきけて、大変参考になりました。
聴くことによって、今までに知ることができなかった
話を聴き出せることが分かりました。
資料に基づいて書くことは今までやってきましたが、
聴いて書くということはかなり大変だという
印象を持ちました。
ステップアップに向けて努力してみたいと思っています。
(埼玉県在住・福田さん・男性)

・本日はとても興味深いお話を聞かせていただき、
ありがとうございました。
ますます「聴き書き」に興味を持ちました。
生の声に勝るものはないですね。
古道具を扱っているので、当時の暮らしに
フォーカスした活動ができたらと思っています。
なかなか一人では進められないとおもうので、
またイベントなどの機会がありましたら
参加させていただければと思いました。
(東京都在住・宮田さん・女性)

・色々なお話を伺い、とても面白かったです。
聴いているうちに自分の祖父母のイメージが
たくさん思い浮かび、今まで聴いてきた歴史の断片を
まとめて一つの話にまとめてみたいと思いました。
きっとまだまだ聴いていないことがいっぱい
あると思うので、颯爽祖父母や昭和の時代に
生きた方々に会って話をききたいと
ワクワクしました。
“聴く”技術をもっと磨きたいです。
本日はありがとうございました。
(東京都在住・堤さん・女性)

・仕事柄、聴く仕事をしていますが、
改めて、聴くということはトレーニング、
相手の話に身をゆだねることを
大切にしようと思いました。
ライフヒストリーを話すことはいけないという
ネガティブなことを思っていても、
実は話したい、話したかった、というのは
高齢者だけではなく、誰もが
自分の存在を知って聴いてもらいたいのは
同じだなと思いました。
昔の記憶を思い出すことで、
あのころの気持ちがよみがえると
お元気になられるだろう。
これからの介護職で活かしたいと思います。
ありがとうございます。
(東京都在住・川俣さん・女性)

・話の切り口も興味をひかれるような点であり、
3時間、聞き入ってしまいました。
現在、身内での本作り、学生時代のサークルの
記念冊子もつくろうと思いますので、
今後とも勉強していきたいと思います。
(埼玉県在住・松川さん・男性)

・私は昨年、祖父とおじを亡くし、
今年に入り、おばあちゃんの話をもっと
聴いておかなくては! と思っています。
どういった形で何ができるかはまだはっきりとは
しておりませんが、北海道まで行って
この数年には、何か形にしたいと思います。
(神奈川県在住・大嶋さん・女性)

・祖父の話を聴くため、本日参加しました。
戦争のことを聴かなければいけないものと
なぜか思い込んでいましたが、日々の暮らしの
ことから聴いていけばいいのだと気づかされました。
祖父のため、というよりは
自分の知的好奇心を満たすためですが、
ぜひ始めてみようと思います。
ありがとうございました。
(東京都在住・三木さん・女性)

↑このページのトップヘ