子供がうんこ好きなのはなぜなのか。ちょっと前に「うんこドリル」がバカ売れした。あれなど、いい例だ。
結論から言えば、「うんこ!」と言うと、緊張感がほぐれるからだ。
我々大人にしても、シリアスな状況になったとき、「うんこ! うんこ!」と叫んでみれは、リラックスできるはずだ。
子供たちは、我々が想像している以上に緊張している。純粋無垢で、日々伸びやかな心で生きているなどと思ったら大間違いだ。
学校に遅刻したらたいへんだ。ハンカチやティッシュを忘れたら怒られる。お巡りさんや駅員さんは怖い。こんな緊張感のなかで暮らしている。だから、時には「うんこ!」と叫びたくなる。
だから、うんこと叫んだときには、眉をしかめるのではなく、あたたかく見守ってやってほしい。できれば、唱和してやってほしい。
うちの子もさんざん「うんこ! うんこ!」と叫んでいたが、わたしがそれ以上に「うんこ‼︎ うんこ‼︎」と絶叫したので、最近はあまり言わなくなってきた。
それでも、すこし緊張しているようなときは、「うんこ!」と叫ばせて、リラックスさせている。